/

この記事は会員限定です

東京エレクトロン、利益率改善を占うAI人材1000人計画

佐藤雅哉

[有料会員限定]

東京エレクトロンは半導体装置の旺盛な需要を受けて、連続最高益が視野に入る。2022年3月期には連結売上高純利益率も21%になる見込みだ。収益性では国内同業でもトップ群だが、海外大手との差はなお残る。半導体技術の進化が加速する中、今後の利益率改善を左右する要素が人工知能(AI)人材への投資だ。

「半導体に関する知見は一切不問!異業界の方歓迎!」。東京エレクトロンが3月19日に開く半導体の製造データ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1957文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン