/

この記事は会員限定です

株主総会の招集通知、5割が「完全版」の郵送継続

[有料会員限定]

2023年に始まる株主総会の招集通知の電子化を巡り、すべて掲載された完全版の郵送を続ける企業が約5割に上ることが、みずほ信託銀行の調査で分かった。招集通知を載せたウェブサイトのURLだけを知らせる方法に切り替える企業は約1割にとどまった。電子化で議案内容の検討時間を増やすのが目的だが、個人投資家を中心に紙ベースで求める声が根強いことが背景にある。

みずほ信託銀が証券代行業務を受託する327社につ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り509文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません