/

この記事は会員限定です

ソバの実、輸入品に先高観 作付け低調・国産も値上がり

[有料会員限定]

そば粉の原料になるソバの実の輸入品に先高観が出ている。他の作物への転作などで北米や中国で作付けが伸びない。天候不順や海上輸送の混乱もあり、主力の中国産は現地で値上げを求める動きが出ている。上昇するとそば粉の値上がり要因となる。

製粉する前のカラがついた実(玄ソバ)の自給率は2~3割にとどまる。手打ちの高級店などを除き、立ち食いそば店といった外食産業は割安な輸入品から作るそば粉を使うケースが多い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1323文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン