/

この記事は会員限定です

コロナ検査受託HUに2つの減益懸念 新施設の償却重く

茂野新太

[有料会員限定]

臨床検査受託大手H.U.グループホールディングス(HD)の利益見通しに懸念が浮上している。新型コロナウイルスのPCR検査受託が伸び足元は増収基調だが、検査処理施設を刷新した大型投資の償却が2022年3月期から本格化する。コロナ禍が収束した後も償却負担をカバーして安定的に利益を得るには、コロナ禍前に低水準だった経営効率の改善を急ぐ必要がある。

今月4日、東京都あきる野市でHUグループが開設した「ア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1702文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン