/

この記事は会員限定です

薬局倒産が21年度に最多、負債額が倍増 淘汰加速

[有料会員限定]

調剤薬局の倒産が急増している。2021年度の倒産件数は04年度以降で最多の23件だった。調剤薬局は個人経営や中小企業が大半で、病院近くに店を構える例が多い。新型コロナウイルスの感染拡大で病院での受診を控える動きが広がり、収入源である処方箋の枚数が減少したことが響いた。大手によるM&A(合併・買収)も加速し、小規模薬局の淘汰が進む。

「新型コロナ禍で売り上げが4割減った」。01年創業の千葉

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン