/

この記事は会員限定です

東芝調査、AIがメール分析 調査弁護士は強い権限

[有料会員限定]

東芝の株主総会に選ばれた弁護士らの調査報告書が、2020年の同社の株主総会を「公正でなかった」と指摘した。調査ではデジタル・フォレンジックと呼ばれるデータ分析技術が力を発揮。通常の第三者委員会と違い、会社法に基づいた強力な調査権のもとで厳しい結果が示された。ESG(環境・社会・企業統治)投資の高まりも受け、透明性の高い企業運営が求められる。

52万件のメールを分析

今回の調査報告書は、特定の株主への圧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1341文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン