/

この記事は会員限定です

拡大する小型衛星ビジネス、日本もアイデアで勝負

東京工業大学教授 松永三郎氏

[有料会員限定]

小型の人工衛星を活用したデータ提供や通信などのビジネスが世界中で広がっている。東京工業大学の松永三郎教授は2003年に重さ1キログラム、10センチメートル四方の「キューブサット」を東京大学とともに打ち上げ、世界的な話題になった。その後も小型衛星をつくって打ち上げてきた。国内外の小型衛星の状況を聞いた。

――小型衛星はどのように発展してきたのでしょうか。

「重さ1トン以上の大型衛星に比べ、小型衛星は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン