/

この記事は会員限定です

LNGで稼ぐINPEX 資源か脱炭素か、悩む投資先

向野崚

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

INPEXの稼ぐ力が高まっている。油価上昇に加えて液化天然ガス(LNG)事業が収穫期に入り、2021年12月期の連結フリーキャッシュフロー(FCF、純現金収支)は3200億円と過去最高を見込む。もっとも、収益性で劣る脱炭素事業への投資を急ぎ過ぎれば稼ぐ力が低下する。豊富な資金の使い道に悩む局面だ。

前期の連結業績は新型コロナウイルス禍で、指標の北海ブレント価格が1バレル43ドルまで下がり、最終損益が1116...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1949文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン