/

ミネベアミツミの23年3月期、純利益10%増 軸受け好調

ミネベアミツミは11日、2023年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比10%増の760億円になる見通しだと発表した。2期連続で最高となる。中国で新型コロナウイルス拡大の影響を受けるものの、データセンター向けの小型軸受け(ベアリング)や半導体などが好調を維持する。年度後半には航空機向け部品も需要の回復を見込む。

売上高は7%増の1兆2000億円、営業利益は11%増の1020億円となる見通しだ。スマートフォンのカメラ部品や車載用モーターも需要が拡大する。ただ中国ではロックダウン(都市封鎖)による影響で4月からベアリングなどの上海工場が停止しており、22年4~9月期は8%の営業減益を見込む。

貝沼由久会長兼社長は同日の決算説明会で上海工場について、「6月には生産が戻るとみており、挽回生産が重要になる」と語った。高騰する原材料価格や物流費については、価格転嫁を進める方針を示した。貝沼社長は「営業利益1000億円を達成した場合、年間配当は40円程度(前期は36円)を目指す」と説明した。

同日発表した22年3月期の連結決算は売上高が前の期比14%増の1兆1241億円、純利益は78%増の689億円だった。売上高は初めて1兆円を超えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン