/

この記事は会員限定です

トヨタ、EV・FCV200万台に 2030年世界販売目標

(更新) [有料会員限定]

トヨタ自動車は12日、2021年3月期の純利益が前の期比10%増の2兆2452億円になったと発表した。新型コロナウイルス禍でも自動車の需要が回復し、世界的に販売が増えた。業界全体として半導体不足による生産調整を迫られたが、原価低減などで補い増益を確保した。2022年3月期の純利益見通しについては、前期比2%増の2兆3000億円になりそうだと発表した。過去最高益だった18年3月期(2兆4939億円、当時は米国会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2947文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン