/

ソニー系とサンアスタリスク、NFTの共同出資会社

ソニーネットワークコミュニケーションズは11日、企業向けソフトウエア開発のSun Asterisk(サンアスタリスク)と、ゲームやアートといったコンテンツを改ざんやコピーが難しい形でデジタル化できる非代替性トークン(NFT)の共同出資会社をシンガポールに設立したと発表した。NFTに関する開発受託のほか、企業向けコンサルティングも提供する。ソニーグループ内外のニーズを見込む。

新会社名は「ソニー ネットワーク コミュニケーションズ シンガポール」。資本金は120万シンガポールドル(約1億1千万円)。ソニーネットワークが70%、サンアスタリスクが30%をそれぞれ出資する。

ソニーネットは2020年にサンアスタリスクに少額出資しており、以前から協業関係にあった。ソニーネットの通信事業でのノウハウと、サンアスタリスクが持つソフトの開発や運用力を活用する。新会社を通じて「(ブロックチェーンを活用した次世代型インターネットの)Web3(ウェブスリー)の世界において創出される多様な経済圏への貢献を目指す」(ソニーネット)としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン