/

この記事は会員限定です

むかし棒手振、いまウーバー 身軽に稼ぐギグワーカー

[有料会員限定]

東京でコロナ下の風物詩となった「ウーバーイーツ」「出前館」といったフードデリバリー。一生懸命に自転車をこぐ配達スタッフの大きなリュックは、料理と将来の夢でふくらんでいるのかもしれない。ウーバーが日本に上陸したのは2016年のことだが、調べてみると300年前の江戸にも同じようなギグワーカーたちが暮らしていた。

「この仕事は自由で、多様性がある。働き方次第ではこれ一本で十分に生活できる」。都内でウー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1553文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン