/

アイロムG、吸入型のコロナワクチン 10月以降治験へ

臨床試験(治験)受託大手のアイロムグループは11日、開発中の新型コロナウイルスワクチンを鼻から吸入するタイプにしたと発表した。人に投与して安全性や効果を確かめる治験を10月以降に始める。実用化されているコロナワクチンは注射タイプが中心で、製剤技術を工夫して利用する人の身体的な負担を軽くする。

ワクチンは子会社のIDファーマ(東京・千代田)を通じて開発している。「ウイルスベクター」と呼ばれるタイプで、鼻から投与し鼻咽頭の粘膜に免疫をもたせることで、侵入するウイルスに対する効果が期待できるという。

治験は日本やオーストラリアで実施する予定。同社は3~5月にも治験を始めるとしていたが、「必要な試験や分析に時間がかかった」(アイロム)として開始時期が遅れる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン