/

石油資源開発、ベトナム北部でLNG供給事業

石油資源開発は11日、ベトナム北部で液化天然ガス(LNG)基地の運営事業に参画すると発表した。出資する現地企業を通じ、2025年にLNGの受け入れ設備を稼働し、ベトナムのガス会社などに天然ガスを供給する。ベトナム北部でLNG基地が建設されるのは初めてという。

21年度内に現地企業に出資する。出資額や出資比率は非開示。北部のハイフォン市で、年間最大65万トンのLNGを受け入れられる桟橋設備を建設する。LNGタンクは容量5万立方メートルの設備を25年に稼働し、20年代後半に8万立方メートルまで拡大する。

東南アジアは人口増加でエネルギー事業が拡大しており、とりわけ化石燃料のなかでも環境負荷の低いLNGが有望視される。石油資源開発はベトナムでLNG供給事業に参画することで、東南アジアでの事業拡大に弾みをつける狙いもある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン