/

この記事は会員限定です

輸入食肉、年末に一段高も 牛と鶏、在庫減で高値調達

[有料会員限定]

高値が続く輸入牛肉と鶏肉が年末の需要期を控え、先高観を強めている。新型コロナウイルス禍の余波で国内の輸入品在庫が減っているうえ、海外相場の高騰を受けて今後の調達価格も一段高となる可能性が高まっている。外食店などでは値上げする動きも出始めており、消費の冷え込みを心配する声も強まっている。

輸入牛肉の市場関係者の間では「米国での調達価格が11月分以降は急激に上がりそう」との声が出始めた。「これから年末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン