/

エイベックス、米国発アーティストの楽曲配信

米国などで活動するアーティストのマシュメロと楽曲配信などの契約を結んだ

エイベックスは11日、米国など世界で活動するアーティストのマシュメロと日本でのデジタル音楽配信などのライセンス契約を結んだと発表した。マシュメロがレーベルなどと契約するのは初めて。レーベルに所属しない独立系アーティストの日本市場での活動を支援する。

エイベックス・エンタテインメント(東京・港)は音楽プロデューサーでDJのマシュメロと契約した。日本での楽曲のデジタル配信やプロモーションを担う。エイベックスは日本でのマーケティングなどを支援する代わりに、マシュメロの楽曲配信の利益の一部を受け取れるようになった。今後は楽曲配信に加えて、ライブ開催やグッズ展開などを検討している。

マシュメロはこれまでレーベルなどに所属せずに音楽活動を続けてきたが、初めてライセンス契約を結んだ。覆面がシンボルのアーティストで、楽曲「Alone」の動画サイト「ユーチューブ」での再生回数は20億回を超える。

(藤生貴子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン