/

ノバレーゼ、ワクチン休暇導入 最大2日

ブライダル大手のノバレーゼは11日、新型コロナウイルスのワクチン接種時に、最大2日の特別有給休暇を取得できる制度を導入したと発表した。アルバイトやパートを含む社員約1700人が対象となる。期間は2022年2月28日までを予定している。政府が定める接種期間が延長された場合は延長する。

すでにワクチン接種を受けた人がいることを考慮し、1日までさかのぼって適用する。副作用が出た場合にも休暇を取れる体制を整える。勤務シフトを柔軟に調整し、年次有給休暇やリフレッシュ休暇の取得を推奨する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン