/

この記事は会員限定です

富士フイルムの22年3月期最高益、ヘルスケア稼ぎ頭に

[有料会員限定]

富士フイルムホールディングス(HD)が11日に発表した2022年3月期の連結純利益(米国会計基準)は前の期に比べて17%増の2111億円と2期連続で最高益を更新した。日立製作所から買収した画像診断機器事業などによってヘルスケア部門が初めて稼ぎ頭になったが、今後は資本効率の向上が課題になりそうだ。

売上高は15%増の2兆5257億円だった。2ケタ増収をけん引したのは医療機器や医薬品の開発・製造受託...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン