/

この記事は会員限定です

議決権行使助言会社 総会完全オンライン化などに反対推奨

[有料会員限定]

議決権行使助言会社が株主総会の会社側議案に反対する事例が目立つ。巨額損失を計上した野村ホールディングスには一部取締役の選任案に反対を勧めた。完全オンライン形式の総会を可能にする定款変更議案にも「株主とのコミュニケーション阻害の恐れ」があると厳しい目を向けている。

野村では米インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)が監査委員である取締役に「巨額損失を巡りリスク管理不足の責任がある」とした。三菱U...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン