/

この記事は会員限定です

コロナ、集団免疫難しく共存探る ワクチン効果も減衰

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種を進めても「集団免疫」の実現は難しくなっている。感染力が強いデルタ型が流行している上、ワクチンが感染を減らす効果が長続きしないことが明らかになってきたからだ。人口の8割が接種を終えても集団免疫の達成は現実的ではない。日本や各国はコロナと共存する出口戦略を模索している。

集団免疫とは、免疫を持つ人が集団の中で一定以上の割合になると感染の連鎖が起きにくくなり、流行が収束...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン