/

この記事は会員限定です

良品計画、大型店攻勢 日販100万円底上げのリスク

加藤彰介

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

生活雑貨店「無印良品」を展開する良品計画が攻めの姿勢を鮮明にしている。2024年8月期から出店の軸足を郊外や地方に移して店舗を大型化し、国内の出店ペースを従来の5倍の年100店に引き上げる。試算すると店舗の1日当たり売上高を100万円超高める計算となるが、ブランド力や在庫効率の低下につながるリスクもある。

「店舗の大型化を進めることにリスクはないか」、「出店加速による収益性のバランスはどうとるのか」、「出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン