/

小田急、小学生IC運賃・定期を全区間一律に 3月から

小田急電鉄は11日、6~12歳の小学生が交通系ICカードを使った場合に小児運賃を全区間一律50円とする改定について3月12日から実施すると発表した。同時に通学定期券も全区間で1カ月800円とする。鉄道利用が低迷するなか、子供連れ家族の利用促進や子育て世代の沿線での定着を目指す。

現在6~12歳の普通運賃は63~445円。これを全区間で50円に引き下げる。通学定期も現在は1カ月で820~3820円だが、磁気やICカード問わず全区間で1カ月800円とする。箱根フリーパスなど企画乗車券でも割引を行う。

小田急は2021年11月、22年春に小学生のIC運賃を一律50円とする方針を示していた。一時的なキャンペーンなどを除き均一で小児運賃を大人運賃の半額以下にするのは全国の鉄道会社で初めてとなる。今回の値下げにより年間約2.5億円の減収を見込むが、子供だけでなく家族連れでの利用促進や沿線への子育て世代の流入などにつなげたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン