/

この記事は会員限定です

アスパラガス、特産へ育て 埼玉や兵庫で農家挑む

大学と栽培連携 コメ生産者が参入

[有料会員限定]

鮮やかな緑色の野菜で、サラダや炒め物、パスタなどの料理に愛用されるアスパラガス。地域の特産野菜にしようと、大都市近郊の農業生産者が挑んでいる。埼玉県では大学などと連携し、短期で収穫できる栽培方法を導入したアスパラガスの出荷が始まった。兵庫県ではコメ農家が取り組みを広げている。

埼玉県三郷市の生産者、石井信行さんは今春、アスパラガスの出荷を本格的に始めた。明治大学や種苗会社のパイオニアエコサイエンス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン