/

この記事は会員限定です

光量子コンピューター、実用化で先行も 性能高めやすく

Techワード

[有料会員限定]

次世代の計算機として期待される量子コンピューターで、光の粒である光子を使った方式の「光量子コンピューター」が注目されている。他の方式では欠かせない冷却装置や真空装置が要らず、量子の状態が比較的安定している点が大きな強みだ。実用化できる水準まで性能を高めやすいとも期待され、日本でも研究開発が進んでいる。

「他の方式との最大の違いはスケールアップのしやすさだ」。光の粒である光子を使った量子コンピュータ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り907文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン