/

この記事は会員限定です

南洋材丸太「ブレレトン石」 計測法考案者の名が由来 

単位のイロハ

[有料会員限定]

南洋材丸太は製材品にしてフローリングなど内装に使う。その安さから日本にも多く入っていたが、フィリピンやインドネシアが環境保護のために輸出を禁止。今の産地はパプアニューギニアやマレーシアの一部地域に限られる。

南洋材丸太の売買に使う「ブレレトン石(こく)」は体積の単位で約0.28立方メートルに等しい。独自の体積計測法を考えた米国人バーナード・ブレレトンの名にちなむ。「石」は木材業界で伝統的な単位の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン