/

この記事は会員限定です

ヨーカ堂や日本総研、食品ロス削減で実験

[有料会員限定]

イトーヨーカ堂や日本総合研究所などは12日から、需給に応じて価格を変動させる「ダイナミックプライシング」や、商品情報の発信を通じた食品ロス削減の実証実験を行う。売り切りによる削減に加え、消費者の関心を高めて食品ロス全体の約半数を占める家庭での廃棄量の削減につなげられるかを検証する。

実験はイトーヨーカドー曳舟店(東京・墨田)で、①賞味・消費期限に応じたダイナミックプライシング②スマホアプリと連動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り233文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン