/

自動車フリマのアラカン、4億円を調達  

自動車に特化したフリマサイトを運営するアラカン(名古屋市)は第三者割当増資で4億円を調達した。出品前の専門家による鑑定サービスや購入金額に占める手数料の割安さが特徴で、自動車愛好家を中心に利用が広がる。調達資金は広告宣伝費や人材採用に充てる。社員は1年後に足元から2倍の20人体制にする計画だ。

アラカンは2019年設立のスタートアップで、個人同士で自動車を売買できるフリマサイト「カババ」を運営する。利用者の出品前に同社の鑑定士が車体を点検するため、既存のフリマサイトに比べて質の高い商品がそろいやすい。

黒字の目安は出品した車に対する販売割合が23%だという。足元は18%だが認知度を高め、1年後には30%程度まで引き上げたい考えだ。高級車の出品が目立つが平均単価は下がっており、直近は400万円となっている。アラカンの田中一栄代表は「最終的には200万円まで下げ、利用層を広げたい」と意気込む。

今回の第三者割当増資は三菱UFJキャピタル、Zベンチャーキャピタル、名古屋テレビ・ベンチャーズの3社が引き受けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン