/

この記事は会員限定です

会計監査のDX、企業や監査法人が加速 人手不足補う

[有料会員限定]

デジタル技術の活用で会計監査の業務を自動化する動きが加速してきた。スタートアップのジーニアルテクノロジー(神奈川県平塚市)は売上高の信頼性を検証する監査手続きを担う人工知能(AI)システムを開発。監査法人トーマツは契約書から監査に必要な情報をAIで瞬時に抽出するツールを導入した。監査人の不足が深刻化するなか、デジタルトランスフォーメーション(DX)を急ぐ。

ジーニアルのシステムは「証憑(しょうひ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1263文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません