/

この記事は会員限定です

リーガルテック、AIで進化 契約の自動履行も可能

ホームズ社長 笹原健太氏

[有料会員限定]

IT(情報技術)を活用して法務を効率化する「リーガルテック」が契約全体の管理や解析にも広がりつつある。海外では企業価値が10億ドル(約1100億円)以上の未上場企業「ユニコーン」も登場している。日本で契約管理のクラウドサービスを手掛けるホームズ(東京・千代田)の笹原健太社長にリーガルテックの現状と見通しを聞いた。

――なぜリーガルテックが注目されるのですか。

「人工知能(AI)や機械学習の発達によ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン