/

この記事は会員限定です

スバル、働きがい改善へ1万人データ化 販売500店で

(更新) [有料会員限定]

従業員の仕事への意欲や満足度をデータ化して、働きがいを改善する取り組みが広がり始めた。SUBARU(スバル)は国内のほぼ全ての販売店で働く約1万人を対象に調査を実施。指導や研修に生かし、半年で9割の店舗が改善した。働きがいを重視する経営は米国が先行していた。労働人口が減る日本でも生産性の向上や人材定着の手段として注目を集める。

「職場に満足しているか」「上司とのコミュニケーションはとれているか」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1957文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン