/

この記事は会員限定です

MS&AD、AIで地震被害を推定 生活物資の供給に

[有料会員限定]

MS&ADインシュアランスグループホールディングスは人工知能(AI)が地震時の被害状況を推定するシステムを開発した。揺れや建物などのデータをもとに、250メートル四方の単位で被害額を算出する。小売店が商圏の被災状況を迅速に把握して生活物資を供給できるようになり、早期の復旧につなげる。

子会社のMS&ADインターリスク総研(東京・千代田)と防災科学技術研究所(茨城県つくば市)などが開発した。MS&A...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン