/

この記事は会員限定です

株主、幅広く改革迫る 気候変動や企業統治 総会本格化

住商への要求は否決

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

株主総会が今月末にかけ相次ぎ開かれるなか、気候変動や企業統治に関して株主が企業に対して変革を迫っている。18日の住友商事の株主総会では気候変動に関する事業計画の策定・開示を求める株主提案が出た。否決されたが、従来のように利益還元に関する内容が大半だった状況からは変化の兆しがある。総会で株主から出された議案の賛否を諮る企業は年初から足元までで62社あり、支持がどこまで広がるかが焦点になる。

住商の総会には環...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン