/

この記事は会員限定です

KOKUSAI社長、国際M&A「米中摩擦リスクも」

世界首位の買収破談後「IPO視野」

[有料会員限定]

日立製作所系の半導体製造装置メーカー、KOKUSAI ELECTRIC(東京・千代田)の金井史幸社長は日本経済新聞に対し、国境を越えるM&A(合併・買収)で「米中摩擦の影響を受けるリスクが高まっている」と述べた。同社は、同業の米アプライドマテリアルズが買収を目指したが、中国の独禁法当局の承認が得られず3月に破談した経緯がある。

金井社長は「中国当局は買収を明確には『ダメだ』と言っていない。ただ、買収手続き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り910文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン