パーソルHDの23年3月期、純利益4%減 派遣好調 - 日本経済新聞
/

パーソルHDの23年3月期、純利益4%減 派遣好調

パーソルホールディングス(HD)は11日、2023年3月期の連結純利益が前期比4%減の305億円になる見通しだと発表した。従来予想を10億円上回る。新型コロナウイルス禍からの経済活動の再開が進み、顧客企業の採用意欲が回復。主力の人材派遣と人材紹介の案件数が想定を上回る。採用活動が活発になったことで求人広告事業も伸びる。

売上高は14%増の1兆2100億円で、従来予想を450億円上回る。観光需要の回復で旅行の予約や手配などを支援する事務系のほか、コロナ禍で加速したデジタルトランスフォーメーション(DX)戦略を担うIT(情報技術)系の派遣案件も好調だ。

同日発表した22年4~9月期の連結決算は売上高が前年同期比14%増の5867億円、純利益は22%増の187億円だった。通常営業の再開に向けて小売りや外食各社で人材ニーズが高まり人材紹介事業が好調だった。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません