/

この記事は会員限定です

鹿島専務、自社株買い検討 利益予想「最低達成ライン」

今期業績を聞く

[有料会員限定]

鹿島は2023年3月期の連結純利益が前期比18%減の850億円になる見通しだ。建設資材の高騰に加え、ロシアのウクライナ侵攻や米欧の利上げによる影響などで先行きを保守的に見積もった。財務本部長を務める内田顕取締役専務執行役員は利益予想を「最低限の達成ライン」とし、業績上振れで自社株買いを再開する方針を示した。

――22年3月期は海外開発事業が好調で最終増益になりました。

「米国の物流倉庫市場が好調...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン