/

この記事は会員限定です

「東芝総会、公正でなかった」 経産省と議決権行使妨害

弁護士調査報告

[有料会員限定]

東芝は10日、2020年7月の株主総会の運営について調査した弁護士から報告書を受け取ったと発表した。報告書はアクティビスト(物言う株主)に対し、東芝が経済産業省と緊密に連携して対応したと指摘した。一部株主は圧力を受けて議決権行使をしなかったとして、総会が「公正に運営されたものではない」と結論づけた。

東芝調査報告書の要旨

経産省が一企業の総会運営に関与したとすれば、日本企業の企業統治が問われる事態となる。東芝は報告書の内容...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り809文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン