/

ソフトバンクG、アリババ株の一部売却確定 利益4.6兆円

(更新)

ソフトバンクグループ(SBG)は10日、中国のアリババ集団の株式を使った資金調達について、一部をアリババ株で返済すると発表した。株式を手放すことで、出資比率は6月時点の23.7%から14.6%に下がる。関連会社ではなくなり、2022年7~9月期に再評価益など4.6兆円を計上する。

SBGは4~6月にデリバティブ(金融派生商品)の一種である先渡し売買契約にアリババ株を差し出し、約1兆3000億円を調達した。返済時は現金での決済か、アリババ株を引き渡す現物決済を選べた。多額の最終赤字を計上するなど業績が悪化するなかで、アリババ株を手放して将来の現金流出の懸念を防ぐことが最善と判断した。

出資比率が20%を下回ることで、アリババはSBGの持ち分法適用会社から外れる。会計ルールでは一般的な保有株と同じ扱いに変わるため、アリババ株を再評価する。簿価と時価の差額は約2.4兆円に達する見通しで、決済益なども含め税引き前段階で約4.6兆円を計上する見通し。

SBGは00年にアリババに出資し、主要なグループ会社として価値向上に貢献してきた。世界的なハイテク株の下落でSBGはファンドの運用成績が急激に悪化し、4~6月期は3兆1627億円の最終赤字を計上した。厳しい経営環境が長期化すると判断して財務面の守りを固める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン