/

この記事は会員限定です

アサヒ「ビアリー」ヒットの裏にDX組織

[有料会員限定]
日経コンピュータ

ビールテイスト飲料「ビアリー」ヒットの裏に、アサヒグループホールディングス(GHD)が2020年4月に新設したデジタルトランスフォーメーション(DX)組織によるデータ分析を活用した支援があった。情報基盤の連携と人材育成を進め、飲食を核に新たな価値を創造する「フード・アズ・ア・サービス(FaaS)」企業を目指す。

「微アル」多様な飲み方提案

アサヒビールが21年3月30日に発売したアルコール度数0.5%のビールテイスト飲料「ビア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3519文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン