/

この記事は会員限定です

LINE、実態と異なる説明 国内データの韓国保管で

個人情報保護問題 特別委「説明責任果たす姿勢欠如」

(更新) [有料会員限定]

Zホールディングス(HD)が設けた外部有識者による特別委員会は11日、傘下のLINEで起きた個人情報の管理問題を巡り、検証結果などの中間報告書を公表した。国内利用者のデータを韓国のサーバーに保管していたことについて政府に実態と異なる説明をするなど、データ管理を巡るアカウンタビリティー(説明責任)の欠如が明らかになった。

LINEは3月、中国の関連会社から日本の利用者の情報を閲覧できた事実が発覚した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1618文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン