/

日立、インフラAI開発で外部企業と連携 技術を集約

日立製作所は社会インフラの設備を点検する人工知能(AI)システムの開発で外部企業と連携する仕組みを作ると発表した。AI技術を集約するシステム基盤を開発し、スタートアップや大学、研究機関の参画を募る。多様な用途に応じたAIシステムを効率よく開発できるようにする。

AIを巡っては、画像の選別や加工といったどの設備にも使える「共通機能」と、画像解析や診断など設備ごとに仕様の異なる「個別機能」がある。このほど開発した「設備点検AIプラットフォーム」では共通機能は日立が提供し、個別機能は外部の事業者の技術を活用する。共通機能を新たに開発する必要がなくなるため、システム全体の開発費用を圧縮できる。

画像データのシステムへのアップロードから画像の加工処理、画像解析、結果の管理など一連の作業を自動でできるようにする。システム基盤に参画するスタートアップ企業などは自社に強みを持つAIの開発に専念でき、AIシステムに最先端の技術を取り入れやすくなる。複数のインフラ事業者と実証実験を実施し、早期の実用化を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン