/

この記事は会員限定です

東芝調査報告書の要旨

[有料会員限定]

第1章 調査の概要

第1~第2(略)

第3 調査の目的・方法等

東芝役員(元役員含む)と従業員計9名に、のべ13回ヒアリングを実施。投資ファンドや経済産業省関係者(元参与含む)にも協力を要請し、情報提供を受けた。デジタル・フォレンジック調査では、東芝関係者7人のメールサーバーを解析し、文書ファイル77万8227件を収集。絞り込みと人工知能(AI)による評価づけを行い、重要度が高い文書を中心にレビューを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン