/

JDIの東浦工場、23年3月に生産終了 譲渡に向け協議

ジャパンディスプレイ(JDI)は10日、東浦工場(愛知県東浦町)の生産を2023年3月に終了すると発表した。東浦工場の生産ラインは小型ガラス基板を使っており、大型基板に比べ生産性が低かった。同工場が手掛ける仮想現実(VR)ゴーグルや自動車向けなど一部製品は他の拠点に生産を移管するほか、従業員も他拠点に配置転換する。生産終了後の土地や建屋は譲渡に向けて協議を進めている。

東浦工場は3.5世代(600ミリメートル×720ミリメートル)のガラス基板を使う生産ラインで、小型のディスプレーを生産していた。4月末時点の従業員数は259人。生産終了でJDIの国内工場は3拠点になる。生産停止に関連する費用は23年3月期に計上するが、金額は精査中としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン