/

この記事は会員限定です

明治HD、農薬事業撤退 三井化学系に467億円で売却 

[有料会員限定]

明治ホールディングス(HD)は10日、傘下のMeiji Seikaファルマ(東京・中央)が手掛ける農薬の製造販売事業を売却すると発表した。売却額は467億円。非中核である農薬事業から撤退し、強みを持つ医療用医薬品の感染症領域に経営資源を集中させる考えだ。

Meiji Seikaファルマが全額出資する新会社に農薬事業を承継し、新会社の株式のすべてを三井化学傘下の三井化学アグロ(東京・中央)に2022年1月に譲渡する。同事業の2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り482文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン