/

この記事は会員限定です

武田、負債返済額を1000億円上積み 今期は計画比2割増

[有料会員限定]

武田薬品工業は2022年3月期の有利子負債の返済額を積み増す。計画比1000億円(約2割)多い5500億円を返済する。前期の返済額(4700億円程度)よりも増やす。アイルランド製薬大手シャイアーの買収で武田の負債は高水準にある。金利の先高観もある中、好調な消化器系疾患治療薬などで稼ぐキャッシュを原資に財務改善を急ぐ。

今期は21年3月末の有利子負債の約1割にあたる4500億円の返済を計画していた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン