/

この記事は会員限定です

伊藤園と富士通、茶葉の摘み時 AIが判断

[有料会員限定]

伊藤園富士通は10日、人工知能(AI)で茶葉の画像を解析し、摘むのに適した時期を判断する技術を共同で開発したと発表した。2022年の新茶から伊藤園の契約産地で試験的に運用し、23年からの本格展開を目指す。

鹿児島市にある富士通子会社が持つ画像解析技術を活用した。畑で撮影した作物の画像を分析し、富士通のAI技術と伊藤園の茶栽培についての知見を組み合わせ、摘み取り前の茶葉についてアミノ酸や繊維の量...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り262文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン