/

この記事は会員限定です

加熱式たばこ、なぜ出遅れた? JT寺畠社長に聞く

そこが知りたい

[有料会員限定]

葉タバコを専用の機器で熱して発生する蒸気を吸う加熱式たばこは、国内のたばこ市場全体の3割近くを占めるまでに成長した。紙巻きたばこで国内首位の日本たばこ産業(JT)は加熱式たばこ「プルーム」ブランドを展開するが、国内シェアは1割にとどまる。寺畠正道社長に加熱式たばこで出遅れた理由と巻き返しの施策などを聞いた。

――加熱式でシェア約7割の米フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)に大きく差が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン