/

この記事は会員限定です

工作機械受注、10月は81.5%増 外需は3年半ぶり水準

[有料会員限定]

日本工作機械工業会が10日に発表した10月の工作機械受注額(速報値)は、前年同月比81.5%増の1492億円だった。12カ月連続で前年実績を上回り、3年ぶりの高水準となった9月の実績も更新した。米国で半導体製造装置向けの需要が強く、海外向けが3年7カ月ぶりの高水準となって全体をけん引した。

内需は74.0%増の502億円だった。上期末で受注が重なる9月と比べると12.6%減少したが、新型コロナウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン