/

日本ペイントHDの21年12月期、純利益75%増に上方修正

日本ペイントホールディングスは10日、2021年12月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比75%増の780億円になると発表した。従来予想を110億円上回る。中国やトルコで建築用塗料の販売が伸び、原材料価格の上昇を吸収する。

売上高にあたる売上収益は29%増の1兆100億円となり、従来予想を1200億円上回る。海外で塗料販売が好調なほか、為替も想定より円安になる。営業利益は17%増の1020億円になる見込みで、150億円上方修正した。

塗料原料となる石油製品の市況について、若月雄一郎共同社長は「10~12月には落ち着く」との見通しを示した。

21年1~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比2倍の337億円だった。売上収益は44%増の4976億円、営業利益は40%増の486億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン