/

クミアイ化、11~7月純利益40%増 南米向け除草剤好調

クミアイ化学工業が10日発表した2020年11月~21年7月期の連結決算は、純利益が前年同期比40%増の63億円だった。米国やブラジル、アルゼンチンで大豆や小麦などの畑作で使う除草剤の出荷が前年を大きく上回り、国内でも農薬需要が堅調だった。

売上高は11%増の885億円、営業利益は18%増の68億円だった。新たに投入したイネ用殺菌剤の販売が堅調で、売上高の約8割を占める農薬関連事業は営業利益が23%増えた。一方、化成品事業の営業利益はタイで樹脂やゴムの強化などに使う化学品生産のプラント稼働開始に伴う減価償却費の増加や、ナフサの原料高により33%減った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン