/

この記事は会員限定です

調査データから読み解く消費者の変化 「ROI消費」台頭

[有料会員限定]

「消費者は価格高騰下で単に安いものを買うのではなく、ROI(費用対効果)意識を高めて選択的な消費を行っている」――。野村総合研究所(NRI)の調査リポートから、値上げが相次ぐ中での消費者の購買行動の変化と企業が取るべき対応策を探る。

◇    ◇    ◇

原材料費や物流コストが上がっても、最終商品への価格転嫁が難しいとされてきた日本。しかし、昨今の円安やロシアのウクライナ侵攻などの影響により、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2340文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません